ブラウザってなんですか?

ブラウザとは、インターネットの様々な情報を見るためのソフトを言います。ただ、ブラウザーにも色々な種類があり、それぞれに特徴があります。

しかし、ウェブ担当者として気をつけなければいけないのは、ブラウザーに色々な種類があることではなく、ブラウザーによって同じホームページでも画面の表示が変わってしまう場合があると言うことです。

この記事では、ウェブ担当者が気にしなければいけないブラウザーの違いについて解説します。

ウェブ担当者が気にすべきブラウザーの種類

現時点で、ブラウザーは有名無名を含め多数存在しています。とはいっても、その全てを気にする必要はありません。

それでは、気にすべきブラウザーとは何になるのでしょうか?それは利用者の多いブラウザーになります。ここでは、利用者が多いため、ウェブ担当者が気にすべきブラウザーを紹介したいと思います。

また、今ではパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンの利用者も多いので、それぞれで気にすべきブラウザーを紹介します。

Windowsで気にすべきブラウザー

  • Microsoft Edge:Windows 10から標準搭載されているブラウザー
  • Google Chrome:Googleが開発する動作の軽快なブラウザー
  • Firefox:Mozillaが開発するカスタマイズできるブラウザー
  • Internet Explorer:Windows 8までの標準ブラウザー (10以降も搭載されている)
  • Opera:革新的な機能を先取りしたブラウザー

Macintoshで気にすべきブラウザー

  • Safari:Mac / iOSに標準搭載されているブラウザー
  • Google Chrome:Googleが開発する動作の軽快なブラウザー
  • Firefox:Mozillaが開発するカスタマイズできるブラウザー
  • Opera:革新的な機能を先取りしたブラウザー

iPhoneで気にすべきブラウザー

  • Safari:Mac / iOSに標準搭載されているブラウザー
  • Google Chrome:Googleが開発する動作の軽快なブラウザー
  • Firefox:Mozillaが開発するカスタマイズできるブラウザー
  • Opera:革新的な機能を先取りしたブラウザー

Androidで気にすべきブラウザー

  • Google Chrome:Googleが開発する動作の軽快なブラウザー
  • Firefox:Mozillaが開発するカスタマイズできるブラウザー
  • Opera:革新的な機能を先取りしたブラウザー
  • Puffin Web Browser:Flashに対応した高速ブラウザー

これらが一般的に使われていてブラウザーかと思います。それぞれのOSによって使われているブラウザーが異なっているのがわかるのではないでしょうか。

それでは、ここでそれぞれのOSごとのブラウザー別利用率を確認していきたいと思います。

気にすべきブラウザーの利用率

それぞれのOSごとに2017年時点でのブラウザーの日本における利用率を確認していきましょう。

この利用率は以下のサイトを参考にしています。

https://www.netmarketshare.com/

パソコン用ブラウザー利用率

  • Google Chrome:44.97%
  • Internet Explorer:25.22%
  • Firefox:14.9%
  • Safari:6.85%
  • Microsoft Edge:5.46%
  • Opera:不明

スマホ用ブラウザー利用率

  • Safari:63.47%
  • Google Chrome:28.93%
  • Firefox:0.44%
  • Opera:0.37%
  • Puffin Web Browser:0.24%

Windowsは10から標準ブラウザーがInternet ExplorerからMicrosoft Edgeに変更になりました。しかし、Windows10でもInternet Explorerを使うことができますし、最初から搭載されています。

なぜなら、未だにMicrosoft Edgeに対応できていなく、Internet Explorerで閲覧する必要のあるウェブサイトが多数あるからです。そのため、世界に比べ日本国内では未だにIneternet Explorerの利用率が高い傾向にあります。

今後、Windows10の利用者が増え、ウェブサイトの対応ができてくると徐々にIneternet Explorerの利用率が減り、Microsoft Edgeの利用率が増えると思います。

また、スマートフォンでは日本国内で圧倒的な利用者を持つiPhoneの影響か、iPhoneに標準搭載されているSafariの利用率が圧倒的トップとなっています。Androidでもやはり標準搭載のGoogle Chromeが高い利用率を誇っています。

この2つのブラウザーだけで国内スマートフォンの92.4%の利用率になってしまいますね。

では、なぜ使われているブラウザーを気にしなければいけないかと言うと、ブラウザーによってHTMLやCSS、JavaScriptへの解釈が異なったり、対応/未対応があるからです。

それでは、次の項目ではそれによってどんな違いが起こるのかを説明します。

どんな違いが起こるのか?

ブラウザーによって同じHTML、CSS、JavaScriptを書いても、解釈が異なったり対応/未対応があります。それによって表示のズレや、機能が動作する/しないことが起こります。

それには2つの大きな理由があります。

明確な正解がない

1つ目の理由は、HTMLなどには絶対的な正解というのがないからです。そのため、開発する会社やグループによって解釈が異なってしまい、その結果として同じHTML、CSS、JavaScriptを書いてもブラウザーの表示が変わってしまうのです。

できれば全てのブラウザーで同じように表示させたいのですが、解釈のことなるブラウザー全てで同じように表示させるのは至難の技です。

少しずつ変わっていく

2つ目の理由は、HTMLなどの仕様は順次変わっていくためです。W3CというWeb技術の国際的な標準規格化を推進する非営利団体があります。以前は、それこそ会社やグループによってHTMLなどの解釈がバラバラだったのですが、それでは非効率だしまずいということで、標準規格化の動きができました。

そして、W3Cが研究開発している新しい技術を「勧告」されることによって、規格策定が最終段階にあることを発表されます。すると、各ブラウザーはバージョンアップによって、新しい規格に順次対応することになります。

例えば、HTML5と言っても様々な機能があり、ブラウザーによってそれぞれの機能によって対応状況がことなります。あなたが使っているブラウザーの状況なら以下のウェブサイトで確認できます。

http://fmbip.com/litmus/

このような理由から、同じHTML、CSS、JavaScriptを書いても同じように表示されなことがあります。では、どのように対応すればいいのかを次の項目で解説します。

どうやって対応すればいいのか?

そんなバラバラな状況でどうやって対応するのかというと、ここでも2つの考え方があります。それが「ターゲットブラウザー」と「ハック」という考え方です。それでは、それぞれ説明していきます。

ターゲットブラウザーとは

ターゲットブラウザーとは、ちゃんと表示されるブラウザーを絞り込むということです。この時に使う数字が先ほどの利用率です。つまり、使っている人の多いブラウザーに対応し、使っている人の少ないブラウザーは切り捨てるといった訳です。

全てのブラウザーで同じように表示させるのはとても労力がかかるとしても、代表的なブラウザーであれば少ない労力で対応が可能になります。

そこで、先ほどの利用率が高い一部のブラウザーに対応します。もしかしたら、数パーセントの方には使いにくかったりというのがあるかもしれませんが、そこはウェブサイト上で説明し、対応したブラウザーを勧めるのが一般的です。

また、利用率の多いブラウザーに対応していれば、そこまで大きな問題が発生する可能性は低いということも言えます。かなり古いブラウザーを使っているなど特殊な場合以外は問題は小さいでしょう。

ハックとは

先ほどのターゲットブラウザーを決める場合、1つだけというわけにはいきません。利用率からも複数のブラウザーに対応することがほとんどです。

この場合、完全に共通した仕様だけでHTML、CSS、JavaScriptを書くというのが困難なことがあります。例えば、ChromeとFirefoxはちゃんと表示されたけどInternet Explorerだけうまく表示されないといった場合です。

こんな時に使うのが「ハック」です。これは、特別な書き方を付け加えることで、ブラウザー間で起こる差を埋めることができるといったものです。

これはHTML、CSS、JavaScriptそれぞれに存在しているので、都度調べて対応する必要がありますが、ターゲットブラウザ全てで同じように表示させることが可能になります。

まとめ

ブラウザーの多くは無料で公開されており、W3Sに必ず従わなければいけないというわけでもないので、また解釈が異なることもあり、どうしても表示にずれが生じがちです。

それらにしっかりと対応し、多くのユーザーが利用するブラウザーで同じように見えることが大切になります。

また、自分のパソコンでだけで表示の確認をしてしまいがちですが、異なるOSやモバイル機器でも確認しましょう。そのための方法をGoogleが解説しているので参考にしてください。

https://developers.google.comweb/

どんなに集客しても、そもそもウェブサイトがちゃんと見れないでは意味がないので、十分気をつけてください。

こちらの記事も読まれています

ネット集客解析士/マーケティングパートナー協会認定パートナー

千葉県市川市在住/鴨川市出身 中小企業のウェブ担当者、経営者に向けて、ネット集客で成果を出せる人材の育成をお手伝いしています。一緒に継続的に売上を伸ばす事のできる社内体制を作りましょう。

浦安・市川 売上アップ実践会

浦安・市川でビジネスをされている経営者の方へ

あなたのビジネスがすぐに売上アップする
具体的なノウハウがわかる勉強会を開催します!

マーケティングが専門のナビゲーターと一緒に、
学ぶだけでなく、その場でブレストしながら実践方法を考える
すぐに結果につながる勉強会です。

こちらの記事も読まれています


浦安・市川 売上アップ実践会について詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA