CMSとは何ですか?

CMSはContents Management Systemの略です。
つまり、ウェブサイトの内容を統合的に管理するためのシステムです。
この場合の内容とは、ウェブサイトに掲載されている文章や画像などのデジタルデータを指します。

こんにちは、ネット集客解析士の鈴木です。
この記事では、「CMSとは何ですか?」というご質問にお答えしたいと思います。

CMSの有名なところでは、WordPressやJoomla!などがあります。
CMSによって得意・不得意があるので、作りたいウェブサイトの構成や機能によって使い分ける必要があります。

ここでは、CMSの機能とメリット・デメリットについて解説します。

CMSの機能

CMSには様々なものがあり、備わっている機能もそれぞれことなります。
なので、ここで全ての機能をご紹介するのは難しいので、代表的な機能をご紹介いたします。

入力補助機能

WYSIWYG (ウィジウィグ)と呼ばれる、Wordのような入力機能。
HTMLやCSSを書くことなく、ウェブサイトの文章や画像を編集することができます。

ページ管理機能

ウェブサイトのページの追加・修正・削除や、表示/非表示を管理することができます。
追加や修正に制限はなく、また過去の状態に戻す機能もあります。

カテゴリー管理機能

ウェブサイトのページをカテゴリーで分類して管理することができます。
カテゴリーの分類も制限なく修正が可能です。

管理者権限機能

管理者の権限を細かく設定し、工程を管理することができます。

メディア管理機能

画像や動画、音楽などのメディアを管理することができます。
管理しているメディアは自由にウェブサイト内で利用することができます。

デザイン管理機能

ウェブサイト全体のデザインをテンプレートとして管理することができます。
ウェブサイトを各パーツ(ヘッダー、メニュー、フッターなど)の組み合わせで管理できるので、管理の手間が少なくすみます。

CMSを利用するメリット

・専門知識(HTML、CSS、プログラム)がなくても、ウェブサイトの運営が行える

・ウェブサイト全体の品質を管理しやすい

・利用者が多いCMSはインターネット上に多くの情報があり問題解決しやすい

・テンプレート化されているので、各パーツの修正による手間が少なく済む

・ウェブサイトの構造化がしやすくなる

CMSを利用するデメリット

・システムを修正するには、プログラムなどの より専門的な知が必要 になる

・独自性の強いウェブサイトは利用する恩恵を受けにくい場合もある

・サーバーの性能によっては利用できない場合もある

こんな場合はCMSを導入しよう

CMSを導入した方がいい場合は、こんなウェブサイトを作りたい場合です。

  • ページ数の多いウェブサイト
  • 頻繁に更新するウェブサイト
  • 専門的な知識のない人が更新するウェブサイト

このようなウェブサイトとしては、ブログやネット通販、情報発信サイトなどがあたります。

最初の制作は専門的な知識を持った人にお願いする必要はありますが、一度導入してしまえば日々の更新は専門的な知識がなくても行えます。

つまり、CMSを導入することで、更新頻度を上げられ管理コストを下げる ことができます。

まとめ

CMSは種類によって得意分野があり、機能も様々あります。
しかし、基本的にはウェブサイトの管理をしやすくするためのシステムになります。

最初の制作費だけでなく、長期的な運用に関わる手間や費用までを考えて導入を検討してください。
ちなみに、私はどんな場合のウェブサイトでも導入をしています。

それでは、あなたのネット集客を応援しています。

こちらの記事も読まれています

ネット集客解析士/マーケティングパートナー協会認定パートナー

千葉県市川市在住/鴨川市出身 中小企業のウェブ担当者、経営者に向けて、ネット集客で成果を出せる人材の育成をお手伝いしています。一緒に継続的に売上を伸ばす事のできる社内体制を作りましょう。

浦安・市川 売上アップ実践会

浦安・市川でビジネスをされている経営者の方へ

あなたのビジネスがすぐに売上アップする
具体的なノウハウがわかる勉強会を開催します!

マーケティングが専門のナビゲーターと一緒に、
学ぶだけでなく、その場でブレストしながら実践方法を考える
すぐに結果につながる勉強会です。

こちらの記事も読まれています


浦安・市川 売上アップ実践会について詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA