なぜホームページは更新しなければいけないのですか?

ホームページは更新しなければいけないわけではありません。これは、そのホームページの目的によって変わってくるからです。

ホームページの目的によって運営の仕方は変わってきます。ホームページの更新は目的達成のための手段に過ぎません。

では、どんな目的の時に更新する必要があるのかを解説していきます。

ホームページの目的はなに?

まず、ホームページの目的を確認してください。あなたのホームページの目的はなんですか?その目的を達成するには、どんな人にどれくらい見てもらう必要がありますか?

この様に、目的を達成する手段を具体的な数字に落とし込むことで、なにをすべきなのかといった行動が見えてきます。

つまり、この行動の手段としてホームページの更新があれば、更新しなければいけないことになります。

ホームページの目的を達成するには?

ホームページの目的を達成する手段を具体的な数字に落とし込めましたか?

例えば、月商10万円の売り上げを上げたいネット通販の場合、顧客単価が5,000円だとしたら20件の受注を取らなければいけません。

20件の注文を取るのにどれほどのアクセス数が必要でしょうか?成約率を1%とした場合、2000人のアクセスが必要になります。1ヶ月で2000人なので、1日あたり67人ほどですね。

ただし、成約率1%と言うのは、ネット通販での平均的な数字です。もし初めて自社でネット通販を始めた場合は、当然1%より低くなる可能性があります。なので、もっと多くのアクセス数が必要になります。

この様に1日にどれくらいのアクセス数を集める必要があるのかがわかったら、次はその実現方法になります。どうやってそれだけのアクセス数を集めるのか?と言うことです。

ここで代表的な方法は、SEO、SNS、PPC広告、アフィリエイト、メール広告、バナー広告などがありますね。しかし、これらの方法はそれぞれかかる手間も広告費も効果が出るまでの時間も異なります。

つまり、次はあなたがその目的をどれくらいの期間で達成したいのか、それにどれくらいの手間や広告費をかけられるのかを考えなければいけません。

ざっくり説明すると、下記の様な感じになります。

◆運用の手間

SEO = SNS > PPC広告 > アフィリエイト > 記事広告 > メール広告 = バナー広告
*アフィリエイトはアフィリエイターとのコミュニケーション密度で変わります。

◆必要な広告費

SEO = SNS < アフィリエイト < メール広告 < バナー広告 < 記事広告 < PPC広告
*リスティングは予算を自由に調整できるので、アフィリエイトよりも低い広告費でもできます。

◆結果がでるまでの時間

SEO = SNS > アフィリエイト > PPC広告 > 記事広告 > バナー広告 = メール広告

この様に、リスティング広告は結果までの時間が短い分、多くの広告費がかかることになります。

逆に、SEOやSNSは広告費は低い、または全く掛かりませんが、結果が出るまでに多くの時間がかかります。半年から1年かかることもざらです。さらに、ゼロからSEOで結果を出そうとして、しかも強豪の多いキーワードで上位に行こうとすると、時間をかけた挙句、結果を出せない可能性も十分あります。つまり、やって見ないとわからないのです。

こういった条件を元に、ホームページの目的を達成する手段を選んでいきましょう。

ホームページを更新しよう

ここまできたら、あなたはホームページの目的を達成するために、何をすべきなのかが具体的に見えていると思います。

そして、その手段としてSEO・SNSを選んだのであれば、ホームページまたはSNSを更新する必要があります。

SEOは検索エンジンからホームページへのユーザーの流入を増やす手段ですが、それには検索エンジンに「いいホームページだ!」と判断されなければいけません。そのために必要なのが、ホームページの「情報の質」「情報の量」「情報の鮮度」です。

情報の質はあなたのホームページに掲載されている情報の価値が高ければ高いほど「いいホームページだ!」と評価されることになります。

情報の量は、各記事ごとの情報量とウェブサイト全体の情報量が問われます。質の低い情報では意味がありませんが、同じ質の情報であれば、情報量の多い方が高く評価されます。

情報の鮮度は、検索エンジンは新しい情報を高く評価し上位に表示する特性があります。なので、同じ質の情報なら、新しい方が高く評価されます。

この様に、SEOを選んだ場合はホームページを更新して、質の高い情報を定期的に発信し、情報を積み上げる必要があります。

次に、SNSを選んだ場合、検索エンジンの様なシステムではなく、ユーザーが直接情報に触れることになります。ここが大きな違いです。

この時大切になってくるのが、接触頻度です。ユーザーは接触頻度が高くなるほど情報発信者に興味が湧き、親近感を抱きます。

これもSEOと同様に情報を積み上げる必要がありますし、定期的に発信することも大切になります。

一見、行動としては似ていますが、理由が異なりますので注意して下さい。

まとめ

最後に、SEOとSNSですが、本当は同時に運営することをおすすめします。先の項目にも書きましたが、行動としては似ているので、情報の質が高くかつ、ユーザーの求めているものであれば使いまわすことが可能です。

そして、SEO対策をしてホームページの情報を積み上げながら、SNSを使って情報を拡散させホームページにユーザーを集めることが、お金をかけないネット集客の基本的な考え方になります。

ホームページを更新することは、そのための手段になります。しかも、それだけではSEOとしては不十分なので、ただ「頑張ればなんとかなるだろう」的な武器も持たずに敵陣に突っ込む様な真似は辞めましょう。

時間のかかる施策なので、しっかりと最初の準備をしてから始めてください。

それでは、あなたのネット集客を応援しています。

こちらの記事も読まれています

    記事が見つかりませんでした

浦安・市川 売上アップ実践会

浦安・市川でビジネスをされている経営者の方へ

あなたのビジネスがすぐに売上アップする
具体的なノウハウがわかる勉強会を開催します!

マーケティングが専門のナビゲーターと一緒に、
学ぶだけでなく、その場でブレストしながら実践方法を考える
すぐに結果につながる勉強会です。

こちらの記事も読まれています

    記事が見つかりませんでした


浦安・市川 売上アップ実践会について詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA